記事

【緊急】東京オリンピック強行でどうなる今後!

投稿日:

恐れていた東京オリンピック開催が、ついに現実となってしまいました。

日本第一党をはじめ多くの人が、この武漢肺炎パンデミック下でのオリンピック開催に対して、政府への不信感と感染者急増への恐怖心を抱かずにはおられない状況でしたが、7月30日現在で感染者数3800人以上となっており、今後ますます増加の傾向にあるということで、もはや絶望的となってきました。

しかし、こういった絶望的な状況でも、国民への自粛や飲食店へのイジメは積極的に行う政府や東京都ではありますが、未だにオリンピック中止とは言い出せないようです。

なぜオリンピックは中止にできないのか?

まわりからみれば、オリンピック利権に執着しているとしか思えませんが、利権よりも賠償問題のリスクの方が大きいことすら、わからないのでしょうか。

それとも、「今まで突っ込んだお金がもったいない」と、絶対に当たらないパチンコ台に投資を続ける哀れなパチンコ依存症患者の如く、もはや現実が見えなくなっているのでしょうか。

上級国民の中で、一体どれほどの人がこの危機的な状況を理解しているのでしょうか。

誰が得をして、誰が損をするのか?

IOCはオリンピック放映利権があればいいので、オリンピック開催国がパンデミック発症地として、世界中から訴えられても痛くも痒くもないのです。

ようするに、すべての責任は日本国が負い、賠償金を負担することになります。

そして、国民の財産が食いつぶされます。

また、日本は各国のオリンピック代表選手が感染する怖さについて、あまり理解していないようです。

各国のオリンピック代表選手は、その国の宝です。

万が一にでも武漢肺炎(東京肺炎に変わるかもしれない)で亡くなったりでもすれば、賠償額は天文学的です。

もうすでに、パンデミックは始まっています。

今から中止しても間にあわないかもしれませんが、誠意はみせるべきだと思います。

国民は理解しているのか?

報道では感染者数の年代別データは出していますが、国籍別データについては一切報道しません。

東京オリンピック開催後に、さらなる感染者数の増加となれば、普通に考えれば、海外選手や関係者が感染後に入国していることは一目瞭然であります。

ですが、こんな簡単なことすら記事にできないのが、今のマスコミメディアです。

こんな状況では、知らないうちに、国民は全財産を奪われることになります。

何度もいいますが

誠意をみせて、東京オリンピックは即刻中止にするべきだと思います。

-記事

Copyright© 日本第一党応援(非公式) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.