記事

中小企業はなくなってもいいのか - 菅総理がすすめる中小企業の統廃合とは

更新日:

はじめに

たまたま読んだネット記事の内容からですが、どうやら日本は他の先進国と比べて際立って生産性や賃金が低いらしいです。

原因は日本企業の99.7%を占め、全労働者の7割が働く中小企業の生産性が低いためで、おまけに低賃金が常態化しているらしく、生産性と賃金を上げるには、再編や統合で企業規模を大きくすることが最も効果的であるということらしいのです。

 そこで菅総理は、補助金と優遇策で「保護」に重きを置いてきた中小企業政策を、「成長促進」へと転換させていくということらしく、これには中小企業経営者の皆さんが猛反発してます。

「企業規模が大きくなると生産性や賃金が上がるなんて話はデマだ! 小さい会社には世界に誇る高い技術力や人材の強みがあるのだ!」

「現実を分かっていない弱者イジメだ! 小さくても技術力の高い町工場などが大企業に吸収されろというのか!」

「中小企業を目の敵にするのではなく、すべての会社が生産性を上げられるようにすべきだ!」

現場では、こういった意見が多くあります。

私も「中小企業を過剰に保護しろ」とまでは言いませんが、コロナと消費税で弱りきった中小企業に追い打ちをかけるような政策には大反対です。

中小企業が今までどおりに普通に従業員を雇えて、普通に仕事ができる状態を確保することが第一であると思います。

外国企業が日本の中小企業の技術に手を出せないように対策して、そこは保護していくべきで、M&Aなどで大企業と合併させれば生産性は上がるでしょうが、発展は途絶えると思います。

中小企業はアイディアの宝庫だと思いますので、生産性ばかりに気を取られて日本の発展を途絶えさせてはならないというのが意見であります。

一番いいのは消費税の凍結(永久廃止が望ましい)、生産拠点を日本へ移すこと、生産人口減少に伴う大規模な自動化設備の補助など、こういったことが大事だと思いますが、他に何かあるでしょうか?

ということで、この中小企業統廃合(M&A)をなんとか阻止したいがために、勝手に対策法を検討したいと思います。

日本の生産性が低い理由

よく「日本の中小企業は生産性が低いから統廃合して大企業に入らなければダメだ」というような話を耳にします。偉い先生や高学歴エリート上級国民の皆様の意見はだいたいこのような感じです。

欧米でも中小企業の統廃合は生産性向上に効果があった。ということらしいですが、またしても「欧米のマネですか」といいたいのと、安易なM&Aの推奨は、技術や実績もアイディアもある中小企業をなくしてしまう危険性もあり、注意するべきだと思います。

大企業に吸収された将来有望だったベンチャー企業が技術だけ盗られて使い物にならなくなって捨てられるという話をきいたことがあります。

それよりも、なぜ日本は生産性が低くなってしまったのかについて考えていくべきだと思います。そこで菅総理が参考にしたとされるデービッド・アトキンソン (小西美術工藝社社長)の意見をみていきます。

彼の主張は結論で言うと「日本の生産性が低い最大の原因は中小企業だ」というものです。

簡単に説明すると労働者が大企業と中堅企業に集中的に分配されている国のほうが、産業構造が強固で生産性が高いこと。逆に、中堅企業と小規模事業者を中心に労働者が分配されている産業構造を持った国は、経済基盤が弱く、生産性も低いということです。

一見「もっとも」だと思わせますが、「国内生産に限り」と付け加えてほしいのと、これだけ海外で生産されてしまえば、中小企業に生産が回ってこないのも当然で、そのことには全く触れられていませんでした。

また、今は機械がやってますから、人手よりも機械の数だと思います。機械をちゃんと扱える人がいれば小企業でも良いものを作ることができます。また機械の自動化で少人数でも大量生産で安価な製品を作ることは可能になります。

このデービットさんは、どうやら生産性が低い原因の本質には触れたくないようです。

菅さんは、このように根拠もない、昔から言われているからという迷信のような俗説を信用して、中小企業の統合に本気を出すということらしいです。

まとめ

「日本の生産性が低い理由は中小企業である」というデービット・アトキンソンは間違ってますね。

生産性が低くなった原因は、明らかに安価に生産できる外国産が増えたことだと思います。

海外に生産拠点を移し、国内で技術者を育てようとしない大企業が海外で生産された安価な製品を日本に持ってくる。そして日本人が安いと言って飛びつく負の連鎖が原因ではないでしょうか。また中国ではウイグル、チベットなど人権弾圧で生産された製品が存在するという報告もあります。

これでは中小企業の生産性が上がるはずもないでしょう。では、どうすれば良いのでしょうか。

まずは生産拠点を日本にもどすこと、日本で生産した場合は税金免除とかすればいいと思います。そして安価な外国産には更に課税すればいいと思います。また、明らかに人権弾圧により生産された製品を持ち込んだ場合には罰則が必要だと思ってます。

日本人が日本製品を普通に買うことができれば、企業の生産性も向上して、ついでにデフレも脱却できるのではないでしょうか。消費税などはなくしても大丈夫になりますよ。

デフレ脱却を目指した?「アベノミクス」では結局なんの効果もなく、ただ株価が上がって大企業が儲かっただけで中小企業やその他の個人事業者は疲弊しきってますます苦しくなってきました。

さらに感染国から多くの観光客を招き入れながらコロナ対策で製造業までも自粛させるということをやり、菅総理になって統廃合をすすめて中小企業をなくそうとしている。日本を潰そうとしなければできないようなことばかりしている気がします。

私は企業に対しては、生産性よりも発展性に期待していますので、大いに発展して競い合う企業の姿こそが健全で望ましいと思ってます。

かつて花札を作っていた玩具メーカーは世界中で愛されるゲームメーカーになりました。

夢を求めて何かを生み出すことこそが日本の発展と結果として生産性を上げるのだと思います。

-記事

Copyright© 日本第一党応援(非公式) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.