埼玉

埼玉県が推進する多文化共生に疑問

更新日:

多文化共生とは

埼玉県が推進する多文化共生とは、日本人住民と外国人住民が共に地域社会を支え、共に歩むことだそうです。そして多文化共生を進める上での課題を「ことばの壁」、「制度の壁」、「こころの壁」の3つに区分しています。

埼玉県多文化共生推進プラン

3つの壁を解消とは

  1. 言葉の壁: 外国人住民の中には日本語能力が十分でない人もおり、情報が正確に伝わらず誤解が生じることがあります。適切な情報を伝え、コミュニケーションを図ることが必要です。             
  2. 制度の壁: 外国人住民が生活する上での制度を知らない、理解していない等が理由で必要なサービスを受けていない人もいます。必要なサービスは受けられるよう教えてあげよう。          
  3. こころの壁: 国籍や文化、生活習慣の違いから日本人、外国人住民双方が積極的な関わりを避ける人もいます。同じ地域社会の一員として理解し合うことが必要です。

こういった多文化共生プランは外国人の支援・案内を行うボランティアが必要で、目標人数を7000人から9000人に増やす計画だそうです。今なお外国人居住者は増加傾向であるということです。

日本人はどうして我慢しなければならないのか

優しい言葉で書かれていますが、普通に言えば外国人の生活や文化を理解して嫌なことがあっても我慢しましょう。そして外国人が困らないように積極的に関わってあげましょう。ということらしい。

実際に、近所に住む外国人に、飼っていた猫を食べられた住民は果たして積極的に関わることができるだろうか?。すぐにその場を離れるでしょう。

私は多文化共生というものについて少人数であれば良いと思います。少人数であれば優しくできるのに、住民が対応できないような大人数を受け入れてしまっては、文化の違いが嫌悪感になることは必然的です。

多文化共生プランの実態

埼玉県の推奨する多文化共生プランは移民が大量に入ってきている現在の状況においては、日本人だけに対応を押し付けて、我慢を強いるような政策となっています。

ウイグルチベットを侵略した中国共産党は、始め自治区ということで大人しくしていましたが、徐々に移民を大量に送り込み、突然侵略者の牙を剥きました。虐殺弾圧は今も続いてます。

日本においても川口市の団地では住民の6割以上が支那人という異常事態となっています。なぜそうなったのか、支那人が嫌で日本人が逃げていったからです。

多文化共生という言葉は、外国人の生活に一切文句を言うな!ということです。ですから日本人は嫌なら出ていくしか手段がないのです。

以上のことからもわかるように、この多文化共生は大量に移民を受け入れてしまえば全く機能しない、むしろ逆に外国人嫌いを増やす、ということ。甘い言葉に乗せられて、いつのまにか侵略されている、ということです。

だからこそ移民の受け入れを一旦止めることが必要です。今のままでは、日本人よ、外国人の生活に口出しせず我慢して下さい、そして肩身狭くほそぼそと暮らして下さい。といっているようです。

未来の人たちに残すものが、訳のわからない言語の飛び交う、何だか分からない秩序も生活習慣もない、常に怯えて暮らす日々でしょうか。笑わせます。

この政策に反対してくださる方は埼玉県(HP) 多文化共生推進プランのページ下にあるお問い合わせより意見いたしましょう。

日本第一党の政策:

日本第一党の政策では移民受け入れ政策には断固反対する立場を貫きます。とありますのでこの誤った流れを止めるためにもご支持、ご支援のほどをよろしくお願いします。

日本第一党(HP) 政策 入党案内

-埼玉
-

Copyright© 日本第一党応援(非公式) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.