埼玉

埼玉県内のメガソーラーについて

更新日:

太陽光発電について(埼玉県HPより)

行田浄水場太陽光発電設備について

発電容量1200kw
太陽電池パネル出力238.1w/枚
太陽電池パネル枚数5040枚
年間予測発電電力量1372594kwh
設置面積約2.2ha(約2.2k㎡)
稼働年月日平成24年3月28日
施設概要

設置効果

削減できる電気料金約2300万円
削減できるCO2排出量(0.495kg/kwh)679トン
ブナ林がCO2を吸収する面積(4.6t/ha)115ha
一般家庭年間消費電力(3600kwh/年)からの世帯数381世帯
年間で1,372,594kWhの電力量を発電する計算

発電減衰率(%) = 2012年平均 / 2019年平均 = 908.7 / 1044.9 ☓ 100 = 86.95 より7年でおよそ13%発電量の低下。

引用元:https://www.pref.saitama.lg.jp/d1304/gyoda-josui3/index.html

まとめ

設置効果については疑問点が多くて信用性に欠けるものであるが、日射量と発電量のデータは参考になった。およそ7年で1割〜2割減という結果となった。10年後はどうであろうか?

大規模太陽光発電(メガソーラー)に関する情報(埼玉県HPより)

大規模太陽光発電施設(メガソーラー等)の設置にあたって配慮すべき一般的な事項や、再生可能エネルギーの普及拡大に向けた、県の太陽光発電の率先導入の取組について。

市町村ガイドラインの標準モデル

県内で、太陽光発電施設の設置が増えています。このうち、関係法令に疑義がある事例や、近隣とのトラブルが生じる事例も散見されます。このため県では、住民の安全・安心を確保するため、新たなガイドライン等の策定を検討する市町村に向けて、ガイドラインの標準案を平成28年12月に作成し、随時更新しています。

その他に県内には、太陽光発電施設の設置に係る条例やガイドライン等を定めている市町村があります。

引用元:https://www.pref.saitama.lg.jp/a0503/energy/reene/reene-megasolar.html

-埼玉
-,

Copyright© 日本第一党応援(非公式) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.