埼玉

川口芝園団地について

更新日:

記事内容:

今回は川口市の現状を記事にした日本語NG店も「川口」のディープすぎる街の姿を取り上げてみました。

以前の投稿で多文化共生について取り上げましたが、その続編となります。

川口市といえば川口芝公園団地に支那人が占拠して日本人が住めなくなった(居なくなった)ということが有名ですが、なぜそうなったのか、少し考えてみました。

川口芝園団地は1978年に入居を開始、池袋・新宿・渋谷・東京駅など、都心へも30分ほどでアクセスできる大変便利なベットタウンでした。1997年には5000人を超える日本人が暮らしていましたが、2016年にとうとう外国人が日本人の入居者数を抜き、2019年には外国人比率が54.5%に達しました。その外国人の中でも支那人が60%以上を占める状況です。今、現在の日本人居住者は、その殆どが高齢者であることを考えると不憫でなりません。

ここまで支那人が増えた理由としては、もともと朝鮮人が多く住んでいたこともあり、外国人が住みやすい地域であった?ことと都心に近いことが原因だろうか?。 現在は支那語しか使えない店も多く、完全に支那そのものであり、今後は益々増加の傾向にあります。

さらに川口市では2018年度からスタートしている「第2次川口市多文化共生指針」を策定。外国人労働者を地域の担い手として受け入れる方針を打ち出し、受け入れをさらに強化するということだ。

まとめ(所感):

チベット、ウイグルの現状をみてもわかるように最初はいいのです、甘い言葉で気がゆるんで支那人が過半数を大きく超えた時に虐殺と弾圧は起きるのです。

多文化共生とは外国人の生活に口出しするな!ですから、これは侵略だと断言できる。川口市の皆さん、どうか戦って下さい。「外国人労働者受け入れ強化反対!」「移民反対!」日本第一党 埼玉本部で抗議しませんか。

川口市HP 市長への手紙

日本第一党では政策で移民に反対しています。

-埼玉
-,

Copyright© 日本第一党応援(非公式) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.